2024-06

学童大会

2024年 都知事杯 東京都学童軟式野球大会フィールドフォース・トーナメント

東京都約1200チームから地区予選を勝ち上がった63チームによる大会。優勝チームは東京新聞カップ関東学童軟式野球大会の出場権を獲得する。また、上位4チームは駒沢ジュニアベースボール大会学童王座決定戦の出場権を獲得する。
女子学童

【女子学童】NPBガールズトーナメント(学童女子全国大会)2024年

軟式野球に親しむ女子選手(小学生)のために新設された全国大会。第1回大会より一般社団法人日本野球機構との共同主催により開催し、全国的な女子チームの振興を図ることを目的としている。2020年大会は新型コロナウイルス感染拡大のため中止となった。参加チームは各都道府県の予選に優勝したチーム。または、各都道府県支部で編成した選抜チーム。
高校野球

第106回 全国高等学校野球選手権 東東京大会_2024

全国高等学校野球選手権大会は、「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」「甲子園」 「夏」「選手権」「〇〇回目の夏」などと表現されており、5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施される。甲子園は野球をやる小学生、中学生の憧れの舞台であり近年では女子野球にも門戸が開放された。地域住民は地元チームを一丸となって応援するなど夏の風物詩となっている。
高校野球

第106回 全国高等学校野球選手権 西東京大会_2024

全国高等学校野球選手権大会は、「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」「甲子園」 「夏」「選手権」「〇〇回目の夏」などと表現されており、5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施される。甲子園は野球をやる小学生、中学生の憧れの舞台であり近年では女子野球にも門戸が開放された。地域住民は地元チームを一丸となって応援するなど夏の風物詩となっている。
高校野球

第106回 全国高等学校野球選手権 神奈川大会_2024

全国高等学校野球選手権大会は、「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」「甲子園」 「夏」「選手権」「〇〇回目の夏」などと表現されており、5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施される。
高校野球

第106回 全国高等学校野球選手権 千葉県大会_2024

全国高等学校野球選手権大会は、「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」「甲子園」 「夏」「選手権」「〇〇回目の夏」などと表現されており、5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施される。甲子園は野球をやる小学生、中学生の憧れの舞台であり近年では女子野球にも門戸が開放された。地域住民は地元チームを一丸となって応援するなど夏の風物詩となっている。
女子高校

【女子硬式】第28回全国高等学校女子硬式野球選手権大会 2024年

今大会は、大会参加チームの増加に伴い、丹波市及び淡路市の2市の会場で、ベスト16まで決定し、ベスト16以降準決勝までを丹波市で開催しました。また、今大会も決勝戦を「阪神甲子園球場」で行い、神戸弘陵学園高等学校が2年ぶり3度目の優勝を果たしました。