女子野球

女子高校

【女子高校】全国高等学校女子硬式野球選抜大会(春の全国大会)_2023年

女子高校生を対象にした硬式野球の大会で、全国規模で行われる大会の一つです。春の甲子園と同様に、各都道府県や地方で行われる大会を勝ち抜いたチームが出場し優勝を争います。この大会は、女子高校生の野球普及や競技レベルの向上を目的として開催されています。
女子学童

【女子学童】三多摩女子大会

2009年に第1回大会が開催。女子野球の普及に伴い参加チームも増え、現在は神奈川県、埼玉県、茨城県のチームも参加し約18チームで女子ナンバーワンを決定する大会。
女子学童

【女子学童】シスタージャビットカップ_2023年

2023シスタージャビットカップ (共催:読売新聞社、報知新聞社)の開会式が2日、東京ドームで行われました。今年は東京都と川崎市の41地区35チームが参加しており、11月23日に読売ジャイアンツ球場で決勝戦を行います。
女子中学

2023年全日本女子軟式野球学生選手権大会(中高生の部)

毎年8月のお盆に開催される中学女子軟式野球の全国大会。春季大会での成績により参加チームが決定する(地域もある)。中学生と高校生が同一の大会で同条件で勝敗を決定する。
女子学童

【女子学童】NPBガールズトーナメント(学童女子全国大会)2023年

軟式野球に親しむ女子選手(小学生)のために新設された全国大会。第1回大会より一般社団法人日本野球機構との共同主催により開催し、全国的な女子チームの振興を図ることを目的としている。
女子高校

【女子高校】全国高等学校 女子硬式野球選手権大会 2023年

今大会は、大会参加チームの増加に伴い、丹波市及び淡路市の2市の会場で、ベスト16まで決定し、ベスト16以降準決勝までを丹波市で開催しました。また、今大会も決勝戦を「阪神甲子園球場」で行い、神戸弘陵学園高等学校が2年ぶり3度目の優勝を果たしました。
女子高校

【女子高校】全国高等学校 女子硬式野球選手権大会(夏の全国大会)2022年

97年東京都福生市で第1回を開催し、07年には第6回を東京都大田区、08年第7回を埼玉県大宮市・加須市、第8回からは兵庫県丹波市に移管され現在に至り、高校女子硬式野球の聖地になっている。2021年には決勝戦を甲子園で行った。
女子中学

【中学女子】全日本中学女子軟式野球大会_2023年

軟式野球に親しむ女子選手(中学生)の普及と女子学童選手が継続的に野球ができる事を目的に2016年新設された全国大会。小学生の全国大会「NPBガールズトーナメント」のお姉さん大会。代表チームの決め方は都道府県の連盟に一任されているため、中学野球部選抜や全日本女子軟式野球連盟所属のクラブチーム、野球連盟が新たに編成するチームなど多岐にわたる。
女子学童

【女子学童】東京都知事杯エリエールトーナメント_2023年

女子学童野球の東京一を決する大会。優勝、準優勝チームは石川県で開催される全国大会『NPBガールズトーナメント』への出場資格を得る。東京都内の女子学童野球チームで2023年は28チームで開催。
女子中学

【女子中学】東京都知事杯エリエールトーナメント_2023年

女子中学野球の東京№1を決する大会。優勝チームは京都府で開催される全日本中学女子軟式野球大会への出場資格を得る。東京都内の女子中学野球チームで2023年は15チームで開催。