第17回全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ_2023

ジャイアンツカップ中学硬式
スポンサーリンク

大会概要

1994年に巨人軍創設60周年を記念してスタートさせた「全日本中学野球選手権ジャイアンツカップ」は、国内の主な中学硬式野球組織からチームを募り、毎年8月にジャイアンツ球場をメイン球場としたトーナメント大会として開催してきました。各組織でルールに独自性のものがあり、同一大会で試合に出場することはそれまでなく、本大会が国内唯一の交流大会として注目されてきました。
2007年からは、日本野球連盟公認の全日本中学野球選手権大会として、名実ともに日本一を争う大会として定着。2016年大会からは、北海道・東北・北信越・関東・東海・近畿・中国・四国・九州の9地域25地区で予選を行い、それぞれの地区代表32チームが出場しています。

参加加盟団体

◆日本リトルシニア中学硬式野球協会(リトルシニア)

◆日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)

◆日本ポニーベースボール協会(ポニーリーグ)

◆全日本少年硬式野球連盟(ヤングリーグ)

◆九州硬式少年野球協会(フレッシュリーグ)

2023年大会状況

◆開催日程 2023年8月15日(火)~8月21日(月)の7日間

◆大会会場

  • 東京ドーム
  • コトブキヤスタジアム
  • 江戸川区球場
  • 大田スタジアム
  • 小野路GIONベースボールパーク
  • 柏の葉公園野球場
  • スリーボンドベースボールパーク上柚木
  • スリーボンドスタジアム八王子
  • 第一カッター球場
  • S&D昭島スタジアム
  • 府中市民球場

◆主催   (公財)日本野球連盟、読売新聞社、読売巨人軍、日本テレビ放送網、報知新聞社

◆主管:日本中学硬式野球協議会(リトルシニア、ボーイズ、ポニー、ヤング、フレッシュ)

◆後援:スポーツ庁、(一社)日本野球機構

◆協賛:クレディセゾン オフィシャルサプライヤー:ミズノ

◆試合形式:32チームによるトーナメント戦

◆出場:全国を25地区に分け行われる地区予選から勝ち上がってきた32チーム

◆放送:地上波 日本テレビ(関東ローカル)/ジャイアンツカップ2023ドキュメント

※9月初旬放送予定。詳細は後日発表

CS放送 日テレジータスにて準決勝、決勝を生中継

その他 「GIANTS TV」「読売新聞オンライン」で準決勝、決勝を配信予定

組み合わせ

歴代優勝チーム

開催年優勝準優勝3位
2023年 世田谷西リトルシニア(東京) 静岡裾野リトルシニア(静岡) 高崎中央ボーイズ(群馬)

中本牧リトルシニア(神奈川)

2022年取手リトルシニア(茨城)京葉ボーイズ(千葉)札幌新琴似リトルシニア(北海道) 

フレッシュ佐賀フィールドナイン(佐賀)

2021年コロナで中止  
2020年コロナで中止  
2019年世田谷西リトルシニア(東京)東練馬リトルシニア(東京)八王子リトルシニア(東京)

浦和リトルシニア(埼玉)

2018年大淀ボーイズ(大阪)東練馬リトルシニア(東京)弘前聖愛リトルシニア(青森)

桐生ボーイズ(群馬)

2017年佐倉リトルシニア(千葉)小山ボーイズ(栃木)浦和リトルシニア(埼玉)

岐阜東ボーイズ(岐阜)

2016年湘南ボーイズ(神奈川)福岡ボーイズ(福岡)佐倉リトルシニア(千葉)

和歌山御坊ボーイズ(和歌山)

2015年羽曳野ボーイズ(大阪)小樽リトルシニア(北海道)宮崎リトルシニア(宮崎)

小山ボーイズ(栃木)

2014年佐倉リトルシニア(千葉)京南山城ボーイズ(京都)横浜緑リトルシニア(神奈川)

神戸中央リトルシニア(兵庫)

2013年枚方ボーイズ(大阪)糸島ボーイズ(福岡)東京神宮リトルシニア(東京)

土浦霞ヶ浦ボーイズ(茨城)

2012年湘南クラブボーイズ(神奈川)東京神宮リトルシニア(東京)愛知瀬戸ボーイズ(愛知)

海老名リトルシニア(神奈川)

2011年飯塚ライジングスターボーイズ(福岡)ヤング神戸須磨クラブ(兵庫)広島ジャガーズボーイズ(広島)

中本牧リトルシニア(神奈川)

2010年湘南クラブボーイズ(神奈川)オール枚方ボーイズ(大阪)橿原磯城リトルシニア(奈良)

鯖江ボーイズ(福井)

2009年世田谷西リトルシニア(東京)和歌山リトルシニア(和歌山)江戸川中央リトルシニア(東京)

福井フェニックスボーイズ(福井)

2008年オール枚方ボーイズ(大阪)和歌山北ボーイズ(和歌山)佐倉リトルシニア(千葉)

兵庫伊丹ヤング(兵庫)

過去の記録

第16回全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ_2022

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました