第104回全国高等学校野球選手権大会(2022年)

全国高等学校野球選手権大会高校野球
スポンサーリンク

大会概要

全国高等学校野球選手権大会は、「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」「甲子園」 「夏」「選手権」「〇〇回目の夏」などと表現されており、5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施される。

大会旗および優勝旗の色は深紅で、特に優勝旗を指して「深紅の大優勝旗」と呼ばれている。

 

●大会日程 2022年8月6日(土)~22日(月)

●試合会場 阪神甲子園球場

●出場チーム 49校

●抽選会  2022年8月3日(水) 16時

2022年出場チーム

第104回全国高等学校野球選手権大会

 

 

<北海道>
北北海道旭川大3年ぶり10回目
南北海道札幌大谷初出場
<東北>
青森八戸学院光星3年ぶり11回目
岩手一関学院12年ぶり7回目
秋田能代松陽11年ぶり4回目
山形鶴岡東3年ぶり7回目
宮城仙台育英3年ぶり29回目
福島聖光学院3年ぶり17回目
<関東>
茨城明秀日立初出場
栃木国学院栃木37年ぶり2回目
群馬樹徳30年ぶり3回目
埼玉聖望学園13年ぶり4回目
千葉市船橋15年ぶり6回目
東東京二松学舎大付2年連続5回目
西東京日大三4年ぶり18回目
神奈川横浜2年連続20回目
山梨山梨学院3年ぶり10回目
<北信越>
新潟日本文理3年連続12回目
長野佐久長聖4年ぶり9回目
富山高岡商5年連続22回目
石川星稜3年ぶり21回目
福井敦賀気比4年連続11回目
<東海>
静岡日大三島33年ぶり2回目
愛知愛工大名電2年連続14回目
岐阜県岐阜商2年連続30回目
三重三重2年連続14回目
<近畿>
滋賀近江4年連続16回目
京都京都国際2年連続2回目
大阪大阪桐蔭2年連続12回目
兵庫初出場
奈良天理5年ぶり29回目
和歌山智弁和歌山5年連続26回目
<中国>
岡山創志学園4年ぶり3回目
広島盈進48年ぶり3回目
鳥取鳥取商11年ぶり3回目
島根浜田18年ぶり12回目
山口下関国際4年ぶり3回目
<四国>
香川高松商3年連続22回目
徳島鳴門3年ぶり14回目
愛媛帝京第五初出場
高知明徳義塾3年連続22回目
<九州>
福岡九州国際大付6年ぶり8回目
佐賀有田工9年ぶり2回目
長崎海星3年ぶり19回目
熊本九州学院7年ぶり9回目
大分明豊2年連続8回目
宮崎富島3年ぶり2回目
鹿児島鹿児島実業4年ぶり20回目
沖縄興南3年ぶり13回目

歴代優勝チーム

年度開催回優勝校準優勝ベスト4
2022104仙台育英(宮城)下関国際(山口)聖光学院
近江
2021103智弁和歌山(和歌山)智弁学園(奈良)近江
京都国際
2020102新型コロナウイルス感染拡大のため中止
2019101履正社(大阪)星稜(石川)明石商業
中京院中京
2018100大阪桐蔭(北大阪)金足農業(秋田)済美
日大三
201799花咲徳栄(埼玉)広陵(広島)東海大菅生
天理
201698作新学院(栃木)北海(南北海道)明徳義塾
秀岳館
201597東海大相模(神奈川)仙台育英(宮城)関東第一
早稲田実業
201496大阪桐蔭(大阪)三重(三重)敦賀気比
日本文理
201395前橋育英(群馬)延岡学園(宮崎)日大山形
花巻東
201294大阪桐蔭(大阪)光星学院(青森)明徳義塾
東海大甲府
201193日大三(西東京)光星学院(青森)関西
作新学院
201092興南(沖縄)東海大相模(神奈川)報徳学園
成田
200991中京大中京(愛知)日本文理(新潟)花巻東
県岐阜商業
200890大阪桐蔭(大阪)常葉菊川(静岡)横浜
浦添商業
200789佐賀北(佐賀)広陵(広島)長崎日大
常葉菊川
200688早稲田実業(西東京)駒大苫小牧(南北海道)鹿児島工業
智弁和歌山
200587駒大苫小牧(南北海道)京都外大西(京都)大阪桐蔭
宇部商業
200486駒大苫小牧(南北海道)済美(愛媛)東海大甲府
千葉経大付
200385常総学院(茨城)東北(宮城)桐生第一
江の川
200284明徳義塾(高知)智弁和歌山(和歌山)川之江
帝京
200183日大三(西東京)近江(滋賀)横浜
松山商業
200082智弁和歌山(和歌山)東海大浦安(千葉)光星学院
育英

コメント

タイトルとURLをコピーしました