春季大会

高校野球

第106回 全国高等学校野球選手権 東東京大会_2024

全国高等学校野球選手権大会は、「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」「甲子園」 「夏」「選手権」「〇〇回目の夏」などと表現されており、5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施される。甲子園は野球をやる小学生、中学生の憧れの舞台であり近年では女子野球にも門戸が開放された。地域住民は地元チームを一丸となって応援するなど夏の風物詩となっている。
高校野球

第106回 全国高等学校野球選手権 西東京大会_2024

全国高等学校野球選手権大会は、「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」「甲子園」 「夏」「選手権」「〇〇回目の夏」などと表現されており、5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施される。甲子園は野球をやる小学生、中学生の憧れの舞台であり近年では女子野球にも門戸が開放された。地域住民は地元チームを一丸となって応援するなど夏の風物詩となっている。
高校野球

第106回 全国高等学校野球選手権 神奈川大会_2024

全国高等学校野球選手権大会は、「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」「甲子園」 「夏」「選手権」「〇〇回目の夏」などと表現されており、5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施される。
高校野球

第106回 全国高等学校野球選手権 千葉県大会_2024

全国高等学校野球選手権大会は、「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」「甲子園」 「夏」「選手権」「〇〇回目の夏」などと表現されており、5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施される。甲子園は野球をやる小学生、中学生の憧れの舞台であり近年では女子野球にも門戸が開放された。地域住民は地元チームを一丸となって応援するなど夏の風物詩となっている。
高校野球

【高校野球】春季関東大会

春季関東地区高等学校野球大会は、群馬県・栃木県・茨城県・神奈川県・埼玉県・千葉県・山梨県・東京都の代表校が出場する高校野球の地区大会で、関東地区高等学校野球連盟が主催し、開催県の教育委員会・毎日新聞社・朝日新聞社などが後援している。
高校野球

【高校野球】春季関東大会 高校野球 2024年

東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨の春季大会上位2チーム(開催地は3チーム)の計17チームで関東の頂上を決定する。2024年春季大会は群馬県で開催される。
高校野球

2024(令和6)年度春季神奈川県高等学校野球大会

2024年(令和6年度)神奈川県高等学校野球春季県大会は4月6日から5月4日に、80チームにより開催される。会場は神奈川県の19会場。
高校野球

2024年(令和6年)春季千葉県高等学校野球大会

予選は八つの地区に分かれ、県大会の出場権を争う。県大会は同月20日に開幕。地区予選を勝ち進んだ40チームと、昨秋の県大会8強で予選が免除されている中央学院、専大松戸、千葉商大付、習志野、千葉経大付、東海大浦安、千葉学芸、東海大市原望洋が出場する。県大会上位2チームが、群馬県で5月18日から開かれる関東大会に出場する。
高校野球

2024(令和6)年度春季東京都高等学校野球大会

2024(令和6)年度春季東京都高等学校野球大会の本大会結果です。大会期間は4月1日~4月28日。東京都の9会場で開催されます。決勝進出した2校が関東大会の出場します。
高校野球

2023(令和5)年度春季東京都高等学校野球大会

2023(令和5)年度春季東京都高等学校野球大会の本大会結果です。大会期間は4月1日~4月30日。東京都の8会場で開催されます。