中学硬式野球

ボーイズリーグ

【Boys-League】日本少年野球春季全国大会(ボーイズリーグ春季全国大会)2024年

全国44支部で予選を行い、小学部の部16チーム、中学部の部44チーム計60チームで開催。開催は3月の春休み期間で東京都の大田スタジアムを中心に開催される。この大会には高校野球関係者も多く有望な中学生を獲得すべく観戦されている。中学生にとっては高校野球関係者へアピールする場となり、ここで注目されれば高校進学へ大きく前進するため選手はもちろん、保護者も気合が入る。
中学軟式野球

2023年 東京都少年新人(中学)軟式野球大会コントリビュート・トーナメント

中学軟式野球の「春のセンバツ」(全国大会:文部科学大臣杯全日本少年春季軟式野球大会)の東京都予選。3年生引退後、2年生、1年生が翌春の全国大会を目指して9月に開幕する。優勝、準優勝チームが翌春の全国大会に出場する。
中学硬式

第17回全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ_2023

日本野球連盟公認の全日本中学野球選手権大会として日本一を争う大会として定着。2016年大会からは、北海道・東北・北信越・関東・東海・近畿・中国・四国・九州の9地域25地区で予選を行い、それぞれの地区代表32チームが出場する。
女子高校

【女子高校】全国高等学校 女子硬式野球選手権大会 2023年

今大会は、大会参加チームの増加に伴い、丹波市及び淡路市の2市の会場で、ベスト16まで決定し、ベスト16以降準決勝までを丹波市で開催しました。また、今大会も決勝戦を「阪神甲子園球場」で行い、神戸弘陵学園高等学校が2年ぶり3度目の優勝を果たしました。
ボーイズリーグ

【Boys_League】日本少年野球 第54回 選手権・第48回 関東大会 東京都東支部予選

中学の硬式野球、ボーイズリーグの夏の全国予選大会。東支部16チームで優勝を目指す。優勝は全国大会出場、準優勝は関東大会へ出場する。3年生にとっては最後の大会となり、予選敗退すると受験モードへ突入する(はず)。
ボーイズリーグ

【Boys_League】日本少年野球 第54回 選手権・第48回 関東大会 千葉県支部予選

第54回日本少年野球選手権大会及び第48回関東大会千葉予選が春季大会優勝の京葉ボーイズを中心に夏の大阪を目指す大会が5/7(日)から始まります。優勝は全国大会、準優勝は関東大会、三位、四位は東北選抜、北海道大会へ出場します。
ボーイズリーグ

【Boys-League】日本少年野球春季全国大会(ボーイズリーグ春季全国大会)2023年

全国43支部で予選を行い、小学部の部16チーム、中学部の部43チーム計59チームで開催。開催は3月の春休みで東京の大田スタジアムを中心に東京都で開催される。
ボーイズリーグ

【Boys-League】日本少年野球春季全国大会(ボーイズリーグ春季全国大会)2022年

全国42支部で予選を行い、小学部の部16チーム、中学部の部42チーム計58チームで開催。開催は3月の春休みで東京の大田スタジアムを中心に東京都で開催される。
中学硬式

【中学硬式】ジャイアンツカップ

日本野球連盟公認の全日本中学野球選手権大会として日本一を争う大会として定着。2016年大会からは、北海道・東北・北信越・関東・東海・近畿・中国・四国・九州の9地域25地区で予選を行い、それぞれの地区代表32チームが出場する。
ボーイズリーグ

【Boys-League】第53回日本少年野球選手権大会&第47回関東大会 東京都予選(東・西)

夏の全国大会予選、関東大会予選の東京都東支部、西支部の大会。優勝チームは全国大会、ベスト4(優勝チーム除く)の3チームは関東大会の出場権を得る。